単身引っ越し&単身パック

使う車の大きさと作業員の人数、所要時間で料金を計算する業者。

大手の引っ越し業者

転居する時にしなければならない手続き、これを代行してもらうと
引っ越しの作業がずっと楽になります。お金よりも楽を取る
そういう考えの方は是非、代行業者や機関のお世話になってみましょう。
具体的に大手の引っ越し業者は下記。

  • ヤマト運輸
  • 日通
  • アート引っ越しセンター

転居する時の手続きで代行してもらうことが可能なものには
例えば電気やガスなどの手続きがあります。保険やクレジットカードに関する手続きを代行してもらうこともできます。
さらには転居届けや各種保険関連の行政手続きも代わりに行ってくれるところがありますし
郵便局への転送手続き、陸運局へのナンバー変更手続きも依頼すれば行ってくれる機関があります。

 

転居の際の行政手続きに関しては行政書士に依頼すると
より安心できるかもしれません。もちろんお金はかかりますが
これらの手続きを忘れて数万円の過料に処されるよりはいいのではないでしょうか。

 

引っ越し業者がこれらの手続きを代行するサービスを提供していることもあります。

無料で利用できる業者もあればオプションとしているところもありますから、確認した上で利用してみましょう。
個人情報の取り扱いが厳しくなっているため
依頼すれば全ての手続きを代行してくれるというわけでもなくなってきています。
また、自らの手で行うほど確実なものはありませんから
必要以上のことは他者に代行してもらわないようにした方がいいのかもしれません。

引っ越し料金の割引

単身引っ越し

引っ越しにかかる料金を値切る、これは普通のことなので、ためらうことなく試みましょう。
少しでも安くなった方がいいに決まっていますし、業者の言い値は高めに設定されていることがほとんどなので
とりあえず「もう少し安くなりませんか?」程度は申し出てみるべきです。

 

値切る時に大切なことは、他の業者を引き合いに出すこと。
多少値切られてもライバルに客を取られるよりはマシ
そう考える引っ越し業者が多いので、「実はもう1社と迷ってるんですよ」と切り出せば、交渉に応じてくれるかもしれません。
時期や日にちを見直すことで安くなることもあるので、こちらも検討してみましょう。
「平日、仏滅でいいので安くなりませんか?」という申し出には応じてくれるところが多いと思います。

 

値切る行為は決して無駄ではありませんが、それによってサービスの質が落ちることもあるので注意したいところ。
引っ越し業者側もバカではありません。 料金の交渉をされるのには慣れていますから
梱包材を減らす、スタッフの質を落とす、客が少ない時期にズラすなどを巧みに行ってくるでしょう。

アート引越センターで料金を2万円以上値下げし、サカイと同料金で作業をしてもらえたのは、コチラを利用したからです。「他社で安い値段をもらっている」と言わないと、値下げは難しいんでしょうね。 単身引っ越し

具体的に効果を出す為の秘訣

  1. いきなり値切るのではなく、それなりに会話を盛り上げる
  2. お金がないといった縁起で情に訴える
  3. 他社にしようか…という雰囲気を漂わせる


そのあたりの駆け引きこそが大事なポイント。
ただ値切っただけで喜んではならず、決して損がないように交渉を進めることが求められるのです。